生活

生物学カードゲーム CELL|ダイソー版MTGをレビュー!

先日、ダイソーで子どもと遊べるおもちゃを探していたところ、『生物学カードゲーム CELL』なるもの見つけました。

パッケージを手に取ると、私が中学生のころ流行っていたMTG(マジック:ザ・ギャザリング)を彷彿とさせるデッキ対戦カードゲームでした。

今回はカードゲームに熱中していた当時を思い出させてくれたこの商品をレビューしてきます!!

みずもと
みずもと
大人になった今でもHearthstone(ハースストーン)LoR(レジェンド・オブ・ルーンテラ)で遊んでいたほどのカードゲーム好きです。

本記事は、以下の方を対象としています。

  • 生物学カードゲーム CELL』が気になっている方
  • デッキ対戦カードゲームが好きな方
  • ダイソーのおもちゃのレビュー記事を読みたい方

生物学カードゲーム CELLとは?

生物学カードゲーム CELLとは、買い切り型のデッキ対戦カードゲームです。

あらかじめ構築済みのデッキが用意されていますが、自由に組み替えてオリジナルデッキを構築して対戦することもできます。

みずもと
みずもと
買い切り型なのにデッキ構築も楽しめるところがいいね!

生物学カードゲームCELL PV第1弾

特長

生物学カードゲームとあるとおり、カードゲームを通して、教養として役立つ108種類の生物学の用語を網羅的に覚えることができます。

二次元コード

カードの右下にある二次元コードを読み取ることで、カードのより詳しい情報を見ることができます。

みずもと
みずもと
カードの二次元コードを読み取ると、対応する『カードイラスト』のページが表示されるよ。

アウトブレイク(フルプライス版)とジェネリック(ダイソー版)の違い

生物学カードゲーム CELLには、フルプライス版アウトブレイクダイソー版(お試し版)ジェネリックの2種類があります。

みずもと
みずもと
今回紹介するのは、ダイソー版(お試し版)の『生物学カードゲーム CELL ジェネリック』だよ。

アウトブレイク(フルプライス版)とジェネリック(ダイソー版)の相違点

アウトブレイク(フルプライス版)とジェネリック(ダイソー版)の相違点は以下のとおり。

相違点アウトブレイク
(フルプライス版)
ジェネリック
(ダイソー版)
公式HP生物学カードゲーム CELL 公式ウェブサイトボードゲーム 3
販売元株式会社 Manabell Games株式会社大創産業
価格3,300円(税込)110円(税込)
プレイ人数1~2人1~4人
カードの枚数208枚(共通カード8種類+100種類×2枚)
  • 55枚(うち11枚はルールの記載されたカードなどでゲームには使用しないため、実質44枚(共通カード4種類+40種類))
  • ダイソー版は2種類あり、それぞれ収録されているカードが異なるため、合計すると実質88枚(共通カード8種類+80種類)
  • ダイソー版には全20種類のアブストラクトのカードが収録されていない。
カードの分類6つ

  • セル
  • テクノロジー
  • オルガネラ
  • アーティクル
  • アブストラクト
  • サブユニット
5つ(アブストラクトの全20種類のカードが未収録
カードの効果全てのカードに本来の効果が記載されている。フルプライス版と同じカード名であっても効果が省略されているものがある。
ゲームのルール本来のルールダイソー版に調整されており、基本的なゲームルールが異なる。
みずもと
みずもと
本記事ではジェネリック(ダイソー版)のことを『お試し版』としていますが、実際にはアウトブレイク(フルプライス版)とは基本的なゲームルールが異なっており、別物となっています。

このため、フルプライス版とダイソー版で同じカードがあっても効果が異なるため、混ぜて遊ぶことはできません。

カードの分類

 

生物学カードゲーム CELL ジェネリックについて

基本情報

生物学カードゲーム CELL ジェネリックの基本情報は以下のとおり。

公式HPボードゲーム 3
販売元株式会社大創産業
価格110円(税込)

※2パックそろえた場合は220円(税込)

対象年齢12歳以上
プレイ人数1~4人
1ゲームあたりのプレイ時間約5分~10分
商品の種類以下の2つのパックがあります。

  • 免疫学vs微生物学
  • 遺伝子工学vs生態学
カードの枚数
  • 55枚(うち11枚はルールの記載されたカードなどでゲームには使用しないため、実質44枚(共通カード4種類+40種類))
  • ジェネリックは2パックあり、それぞれ収録されているカードが異なるため、合計すると実質88枚(共通カード8種類+80種類)
カードの材質
カードサイズ88mm×63mm
カードスリーブ(別売)の推奨サイズ92mm×67mm

生物学カードゲーム CELL ジェネリック

生物学カードゲーム CELL ジェネリック レビュー

商品レビュー

生物学カードゲーム CELL ジェネリックの商品レビューは以下のとおり。

パッケージ

パッケージ(表面)

パッケージ(裏面)

入っているもの

入っているもの(合計55枚)

  • ルールブック…11枚(うち4枚は裏面がカウンターボードと兼用
  • カウンターボード…4枚(表面はルールブックの4枚と兼用
  • サブユニット…4枚
  • サブユニット以外のカード…40枚

ルールブック

両面がルールブックになっており、うち4枚は裏面がカウンターボードと兼用となっています。

カウンターボード

表面はルールブックの4枚と兼用となっています。

  • カウンターボードの左側…プレイヤーのライフを管理します。
  • カウンターボードの右側…プレイヤーのcal(他のカードゲームのマナに相当)を管理します。
みずもと
みずもと
あらかじめカウンターボードも入っているのは親切ですね!

サブユニット

サブユニット以外のカード

  • 緑…セル
  • 青…テクノロジー
  • 赤…アーティクル
  • 紫…オルガネラ

生物学カードゲーム CELL ジェネリック 免疫学vs微生物学

免疫学vs微生物学 カード一覧

生物学カードゲーム CELL ジェネリック 遺伝子工学vs生態学

遺伝子工学vs生態学 カード一覧

ゲームプレイレビュー

プレイ開始時

プレイ開始時のレイアウトは以下のとおり。

プレイ終了時

プレイ終了時のレイアウトは以下のとおり。

プレイした感想

プレイした感想としては、ジェネリック(ダイソー版)には強いセル(キャラクター)に対処する方法が少ないため、1体でも強いセルを出されてしまったら状況を打破することができず負けてしまうパターンが多いです。

またジェネリック(ダイソー版)には臨機応変に使用できる『アブストラクト』がないため、デッキ対戦型カードゲームの醍醐味である相手の持っているカードの読み合いも発生しないため、基本的に手札のカードを出していくだけでした。

みずもと
みずもと
デッキ対戦カードゲーム初心者には入門としてはいいけど、中級者以上には物足りないかな。

ただ、110円であることを考えると十分に満足できる内容です!

総評

総評

【総評】110円の商品としてはコストパフォーマンスが高い!デッキ対戦型カードゲーム好きなら、2種類とも買い!

  • 110円以上に遊べる!特にゲーム好きの小学生なら親子でも楽しめる!
  • カードの質感やイラストが良い!
  • ルールブックやカウンターボードも入っているためすぐに遊べる!
  • 臨機応変に使うことのできる『アブストラクト』がないためゲームは単調
  • 強いカードへの対処方法がないため、逆転が難しい



ABOUT ME
みずもと
新卒でシステムエンジニアとして10年以上勤務したのち、己の無能さゆえ会社に居場所がなくなったため、34才で指定自動車教習所の指導員に転職し、現在に至る趣味ブロガー。