生活

自撮りライト(ダイソー百均)は物撮りに使えるのか検証した!

私は趣味でブログを書いています。

レビュー記事を執筆するときなどにスマホで物撮りするのですが、夜中にこっそり撮影しているため照明が足りずきれいに撮れないのが悩みでした。

そんなとき、ダイソーで自撮りライト(SELFIE LIGHT)を発見したので、物撮りに使えるか検証してみました!!

本記事はこんな方におすすめです!!

  • ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)がどれくらい使えるか知りたい方
  • SNS投稿用の物撮りの照明を安く抑えたいと考えている方

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)について

みずもと
みずもと
ダイソーの商品だけど、ちょっと高めの220円(税込)だよ。

基本情報

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)基本情報は以下のとおり。

メーカー株式会社グリーンオーナメント(GREEN ORNAMENT CO.,LTD.)
製品名自撮りライト(SELFIE LIGHT)
価格220円(税込)
対応サイズ厚み約10mm以内
明るさ3段階調節可能

  • Lv.1(20ルーメン 53mA)
  • Lv.2(53ルーメン 155mA)
  • Lv.3(78ルーメン 260mA)

※点滅機能のあり

電源単4電池2本使用(別売)
連続点灯時間約60分(明るさLv.3の場合)
本体カラー2色(白/黒)

※どちらの色が出るかは買ってからのおたのしみ

防水機能なし(非防水)
本体サイズ幅85mm×高さ85mm×奥行27mm
本体重量約44g(単4電池を2本を入れた場合は約68g)
主な材質ABS樹脂/ポリカーボネート/シリコーン樹脂/スチール
LEDチップ30SMD(30個のLEDが発光するということ)

参考画像

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)参考画像は以下のとおり。

本体

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)本体は以下のとおり。

みずもと
みずもと
本体のカラーは2色(白/黒)あるけど、どちらの色が出るかは買ってからのおたのしみだよ。

明るさ(3段階)

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)明るさ(3段階)は以下のとおり。

みずもと
みずもと
30個のLEDが発光するよ。

スイッチを押すごとに明るさが変わって、長押しで点滅機能もあるよ。

スマホ装着例

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)スマホ装着例は以下のとおり。

スマホ装着例(正面)
みずもと
みずもと
ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)の本体重量は、単4電池を2本を入れた状態で約68gあるよ。

スマホの重さも加わるから結構重く感じるよ。

スマホ装着例(側面)
みずもと
みずもと
対応サイズはスマホの厚みが約10mm以内だよ。

パッケージの側面に実寸の見本があるから購入前に確認できるよ。

電池の交換方法

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)電池の交換方法は以下のとおり。

みずもと
みずもと
電源単4電池2本使用で連続点灯時間約60分(明るさLv.3の場合)だよ。

自撮りライト(SELFIE LIGHT)を使った撮影結果

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)を使った撮影結果は以下のとおり。

物撮り(箱)

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)を使った物撮り(箱)の撮影結果は以下のとおり。

  • 明るさのLvが上がるごとに箱の影が薄くなっている
  • 明るさのLvが上がるごとに箱が白っぽくなっている

物撮り(人形)

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)を使った物撮り(人形)の撮影結果は以下のとおり。

  • 明るさのLvが上がるごとに人形の影が薄くなっている
  • 明るさのLvが上がるごとに人形がきれいに写っている
  • 明るさのLvが上がるごとにライトの輪が強く反射している(額の部分)

自撮りライト(SELFIE LIGHT)の総評

ダイソーの自撮りライト(SELFIE LIGHT)総評は以下のとおり。

自撮りライトの総評

【総評】物撮り目的の照明としては値段相応、気になったら買うべし!

  • 明るさのLvが上がるごとに撮影対象の影は薄くなるが消えるほどの効果はない
  • 明るさのLvが上がるごとに人形はきれいに写るので、本来の目的である自撮りであれば一定の効果あり

自撮りのおすすめ商品

本格的に自撮りするならコチラもおすすめ!

物撮りのおすすめ商品

本格的に物撮りするならコチラもおすすめ!

ABOUT ME
みずもと
新卒でシステムエンジニアとして10年以上勤務したのち、己の無能さゆえ会社に居場所がなくなったため、34才で指定自動車教習所の指導員に転職し、現在に至る趣味ブロガー。